九州大学 極限プラズマ研究連携センター

研究活動

概要

乱流プラズマは実験室や宇宙に普遍的に見られる現象です。特に、磁場閉じ込め核融合の研究にとってプラズマ乱流は炉心プラズマの性能を決定づける重要な要因として半世紀にも渡り国際的に研究が進められて来ました。その結果、プラズマの理解が大きく進み、今後より深くプラズマ乱流を根本から理解できる時代が到来しています。当センターでは、世界で活躍しているプラズマ実験、シミュレーション、理論の研究者が協力し乱流プラズマの統合的な研究を推進しています。