menu

概要

プラズマ若手夏の学校は全国のプラズマ物理・核融合を専攻する学部4年生-大学院生を中心とした勉強会です。2018年度で57回目の開催となります。短期間の合宿の中で、全国の大学・研究所からお集まりいただいた先生方の講義を通して、分野全体の理解を深めていきます。また例年ポスター発表の場が設けられ、最も気軽に研究の発表を行い意見交換ができる場のひとつでもあります。合宿の中で様々な研究分野の方との交流を広め、見聞を深めることはこれからの研究生活の大きな糧になります。

日時 日時
8月29日(水)~ 31日(金)

場所 場所
国民宿舎海峡ビューしものせき
    HP=> ホームページ

人数 募集人数
70人程度

費用 費用
32,000円 (参加費6,000円, 宿泊費23,000円, 懇親会費3000円)
31,000円 (参加費5,000円, 宿泊費23,000円, 懇親会費3000円)
会費は現地にて、お支払いいただきます。なるべくお釣りのないよう、よろしくお願いします。

締め切り 参加登録締め切り ※締め切り延長しました!
7月20日(金) 7月6日(金)

※キャンセル料に関して
参加のキャンセルについては、7月31日正午まではキャンセル料は発生しません。それ以降は、キャンセル料として
教科書印刷代+送料(2000円弱の予定)、 加えて宿泊の3日前のキャンセルでは宿泊費の半額当日キャンセルの場合宿泊費の全額分
が発生致しますので、何卒ご留意ください。ご不明な点等ございましたらお問い合わせください。

twitterとline公式アカウントもご活用ください

校長挨拶

 今年度プラズマ若手夏の学校の校長を務めさせていただく挾間田一誠と申します。
 夏の学校はプラズマ科学や核融合の明日を担う学生が、学校の垣根を超えて一堂に会する貴重な機会です。他校の学生と交流の輪を広げることができるまたとない機会です。学生が主体となって開催するため、学会などよりも気楽に参加していただけます。また全国の大学や研究所の先生方を講師にお招きし、普段ほとんど触れることがない研究分野の講義を受けることができる機会でもあります。講師の先生方とも宴会等の場で交流することもできます。
 今回は山口県は下関、国民宿舎海峡ビューしものせきでの開催を予定しています。移ろい行く桜のように激動の大学・大学院生活、一夏の思い出に一期一会の仲間たちと関門海峡を眺めながら過ごされるのはいかがでしょうか。今回は時間的、経済的負担軽減のため宿泊期間を2泊3日に短縮して行います。しかし夏の学校本来の目的の一つである他校との交流の時間を確保するため、開催期間中は自由時間も設ける予定です。参加者の皆様には密度の濃い2泊3日をお過ごしいただけることと思います。
 九州・山口での開催ということで参加者の皆様には遠い中ご足労いただくことと思いますが、実りある夏の学校になるよう役員一同尽力させていただきます。皆様の参加を心待ちにしております。

九州大学総合理工学府 小菅研究室
第57回プラズマ若手夏学校 校長 挾間田一誠

校長

スケジュール

スケジュール
*PDF版はこちら↓からダウンロードお願いします。
スケジュール

アクセス

HOMEPAGE ==> ホームページ

参加登録